2015年02月16日

加齢によって起こる目のトラブル 褥瘡(床ずれ) 不眠症 便秘 喘息 熱中症 疥癬・白癬 高血圧 老人性うつ病 逆流性食道炎 パーキンソン病 リウマチ 変形性関節症 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 脳梗塞 肺炎 風邪 ノロウイルス 花粉症 帯状疱疹 食欲不振 皮膚のかゆみ 失神 冷え やけど 狭心症 心筋症 糖尿病 がん 白内障 加齢によって起こる目のトラブル


●老眼

加齢による目の水晶体の硬化、
水晶体を支える毛様体の働きが低下することにより、
老眼が起こります。

一般的には40歳くらいから始まるといわれていますが、
近年は30歳くらいから始丸人も少なくありません。

●乱視

乱視は誰でも多少あります。

ですが年齢を重ねるにつれて、
筋肉の老化と共に調整力が弱まり、
乱視が進行することがあります。

●飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)は、眼球に糸くずがついているように感じるものです。

ゲル状の硝子体の一部が液状に変化し、
硝子体中の線維成分が映るためです。

網膜はく離のサインでもあります。

●網膜はく離

網膜はく離は、網膜が目からはがれてしまう病気です。

年齢と共にはがれやすくなり、
初期には、飛蚊症になることもあります。

放置してしまうと失明することもあるので、
早めに眼科を受診しましょう。

●白内障

白内障は、水晶体に含まれるたんぱく質が硬くなり
白くにごる病気です。

●緑内障

視神経が萎縮し、視力が低下するものです。

急激に眼圧が上がる急性緑内障は、
激しく目が痛み、頭痛や吐き気を伴います。

強い近視の人がかかりやすいという特徴があります。

放置すると失明の可能性があります。

●加齢黄班変性

網膜の中心にある黄班に変化が起こり機能が低下するものです。

炎症などによって出血が起きると、
視界の中心が見えづらくなります。

進行すると失明の可能性もあります。








posted by koureiko at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 目の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414164729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。